画像解析AIモデル - AI開発ソリューション

コンテンツに移動します

画像解析AIモデル

画像解析AI開発

監視カメラの画像を活用し、人に代わってAIが自動化・省力化。
かつ、リアルタイムでの認識が実現可能。 
車種認識、数量カウント


人数カウント・属性識別


作業工程可視化



危険エリア侵入検出

動作推定

セグメンテーション、距離計測

ハイパーダインの要素技術
動作推定技術
    
  • ヒトだけでなくモノを同時に推定することで、その関係性から行動や動作推定の精度をアップします。
  • 工場や工事現場の接触事故の未然防止、道具を使った作業の効率分析、危険物を持った人物検出による防犯に活用可能です。


リアルタイム画像解析・エッジAI技術

  • NVIDIA社DeepsSreamSDKとJetsonを使用した高速推論、プラグイン開発、最適化技術により
高機能・高速・リアルタイムの画像解析を実現することが可能です。
  • 精度を下げずに、従来の処理速度を10倍に高速化することも可能です。
  • DeepStream SDKを活用した自由度の高いパイプライン設計やカスタムプラグインの開発では
業界トップレベルの開発力を持っております。
  • 最新版のJetson ORINやDeepstream6.1.1での開発の実績もあります。


エッジAI最適化技術とは、
2. エッジAIのローコスト化と
高機能化の両立

高い処理能力による複数台カメラの同時処理、柔軟な機能追加など、価格性能比で高いコストパフォーマンスを実現


3. エッジ間リモート接続による
低遅延伝送

エッジ間の低遅延伝送を汎用エッジデバイスにて実現可能で、AIを組み合わせたクリティカルな要求にも対応

1. Jetson+DeepStream SDK
によるエッジAI最適化

自由度の高いパイプライン設計やカスタムプラグイン開発、軽量化・高速化・低消費電力などでエッジAIを最適化

システム例
Edge to Cloud
   
エッジAIでリアルタイム推論、推論結果をクラウドに送信する分散型+集中型システム
Edge to Cloud 導入シーン
工場・インフラ
     ・設備監視・制御
     ・自動制御
     ・検査 など


マーケティング
       ・行動・動線解析
       ・人流カウント
       ・属性推定 など


セキュリティ
     ・リアルタイム侵入監視
     ・不審行動解析、予測
     ・入退室管理 など



Edge to Edge
   
   映像・音声・センサー情報等のマルチモーダル情報をエッジ間で低遅延リアルタイム伝送

Edge to Edge 導入シーン
工場・インフラ
        ・遠隔制御
        ・遠隔作業指示
        ・技能訓練 など

ロボット
      ・サービスロボット制御
      ・ドローン制御
      ・産業用ロボット制御 など



医療
     ・遠隔医療
     ・遠隔介護
     ・手術支援 など



NVIDIA METROPOLIS ソフトウェア パートナー

NVIDIA社と共同マーケティングおよび技術開発に関し業務提携
 
相互に技術開発で協力し、双方の技術や製品のパフォーマンス向上を実現し、DeepStreamを活用した
マーケティング活動相互に協力することで今後のIVA市場を拡大を目的にパートナーシップを締結しました。


コンテンツに戻る